東京デスライド

自転車で「自分的に限界ギリギリ」のライドをしたら更新します。

ブルベはぼんやり走るのがいいのかも。BRM401 定峰200に出てきた

f:id:des_esseintes:20180402133855j:image

目標とか決めて走ったら血の味がした。

初めてブルベに参加しました。出走したのはAJたまがわ主催の「BRM401 定峰200(2018)」です。

ブルベは自分以外の人がコースを引くため、好き放題自由に走れるわけではありません。明確に行きたい場所があるケースがほとんどな自分とは微妙に食い合わせが悪く避けていたのですが、最近走る場所がなくなってきたので、いい刺激になるかなと思い参加。あと、SRはとってみたいですし。

f:id:des_esseintes:20180402133909j:image

朝5:00に二子玉川・兵庫島公園に集合。かわいいAJたまがわ旗がお出迎え。

f:id:des_esseintes:20180402134009j:image

参加者が結構多い!事故時等に開催主体に責任を求めない旨を認める同意書にサインして提出。引き換えにブルベカードをもらって出走まで待機。

f:id:des_esseintes:20180402133927j:image

かっこいい自転車が多かったです。このミニベロとか最高。

自分の自転車の装備は前照灯2つ、Garmin給電用モバイルバッテリー・補給食のカロリーメイト&ウィダーインゼリー満載のフレームバッグ、あとはサドルバッグに輪行袋とウィンドブレーカー。

そして、朝6:00に出走。コースはざっくりと以下のような感じ。

f:id:des_esseintes:20180402135504j:image

走行距離は200km、獲得標高が約1,800mで、二子玉川→青梅→飯能→秩父→小川町→ときがわ町→飯能→青梅→二子玉川と走ります。

途中で峠を4つ越えます。

それぞれの峠の難易度は低め。10kmを超える大きな上りがないので、初心者向け山岳ブルベと言えるでしょう。ブルベに興味がある人にはおすすめできるかと(ただし今回は罠あり)。

f:id:des_esseintes:20180402134031j:image

早朝の多摩川沿いを快走。桜並木がきれい。

f:id:des_esseintes:20180402133855j:image

羽村市では桜まつりが開催中。終始、華やかな景色でした。

ちなみに写真に写っている蛍光ベストを着ているのはブルベ参加者。速すぎてまるでついていけなかったです。

f:id:des_esseintes:20180402134113j:image

山王峠のあたりも桜満開。

f:id:des_esseintes:20180402134131j:image

よく行く飯能・名栗もこんな感じ。快晴で、のんびりと春を満喫できた人が多かったはず。

f:id:des_esseintes:20180402134158j:image

今回の罠要素がこちら。定峰峠の序盤が工事で通行止め。

f:id:des_esseintes:20180402134225j:image

定峰峠は斜度3〜5%が続く、本来上りやすい峠なのですが、迂回路はコンスタントに斜度10%を超える激坂

f:id:des_esseintes:20180402140645j:image

しかし、今回のコースではもっとも雅な花化粧。こういう景色で脚を止め、一息つくのがいちばん楽しいんでしょうね。

f:id:des_esseintes:20180402140713j:image

里山の春があり、山を背景に桜が咲き乱れる峠道ありと至れり尽くせり。この辺までは楽しかったですね。コース的にも季節的にも。

しかし、10時間切りという目標を立てていたのが仇になりました。ゴールまで残り100kmほど、向かい風。ゆるく走っても完走はできたので、タイム目標を設けたことで自分で自分の首を絞めた形。目標達成のために向かい風でも踏み続けるのって終わりが見えなすぎてホント心が折れそうになる(しかも目標は達成できず)。

ちなみに「家の近くに来たからDNFします」なんて連絡を入れた人もいたようで。景色や季節感をぼんやり楽しんで、飽きたり、無理に感じたりしたら、それはそれで。完走とか目標とか割り切れるなら、むしろおいしいどこ取りできていいのやも。

景色がすばらしかった今年の定峰200については、まちがいなくそうだったと思います。