東京デスライド

自転車で「自分的に限界ギリギリ」のライドをしたら更新します。

雲に覆われた乗鞍を写真でざっくりまとめる

f:id:des_esseintes:20170827213424j:image

 

自転車で行ける2,000m以上の場所のひとつ、乗鞍。その標高は2,702mであり、富士山五合目より高い位置にあります。夏休み企画「最高の夏計画」の一環として、行ってきました。個人的な今年の目標は、渋峠に行くこと、初級キャノンボールを達成すること、そして乗鞍に行くことだったので、このライドですべての目標を達することになります。

 

乗鞍畳平付近は残念なことに曇りでしたが、ころころ天気が変わる超高所をリアルに体験できた気がします。とはいえ、すでに多くのローディが訪れている場所であり、ぐだぐだテキストを書くのは蛇足。写真でそのよさを伝えたいと思います。

 

f:id:des_esseintes:20170827213648j:image

 

乗鞍観光センタースタート。同道者・まっと氏の車でのトランポです。

 

f:id:des_esseintes:20170827213736j:image

 

走り出すといきなり白樺。

 

f:id:des_esseintes:20170827213818j:image

 

いきなりこの天空感。

 

f:id:des_esseintes:20170827213852j:image

 

序盤は晴れていました。

 

f:id:des_esseintes:20170827220635j:image

 

木漏れ日がいい感じ。

 

f:id:des_esseintes:20170827213932j:image

 

ガスがかっていますが、それでもアルプスの山々が見えてテンションが上がります。

 

f:id:des_esseintes:20170827213619j:image

 

山頂手前にある、位ヶ原山荘で休憩。

 

f:id:des_esseintes:20170827214042j:image

 

商品が豊富。ウィダーインゼリーが買えるのは、サイクリスト的にありがたい。

 

f:id:des_esseintes:20170827214136j:image

 

標高は2,350m、8月だというのに肌寒い。7月にまっと氏が訪れたときは、ストーブが点いていたそう。

 

f:id:des_esseintes:20170827214351j:image

 

澄んだ水のようなあんこが特徴的なおしるこ。

 

f:id:des_esseintes:20170827214157j:image

 

本棚には『ろんぐらいだぁす!』の単行本。

 

f:id:des_esseintes:20170827214234j:image

 

ほかに利用客はなし。曇りがちな天気と合わせて、もう秋がやってきたかのような、少しメランコリックな雰囲気。

 

f:id:des_esseintes:20170827214300j:image

 

山頂・畳平に至る直線が見えますが、まだ400mほど登ります。

 

f:id:des_esseintes:20170827214419j:image

 

位ヶ原山荘が小さく。山頂は残念ながら雲の中。

 

f:id:des_esseintes:20170827214445j:image

 

晴れているほうがSNS映えはするのでしょうが、曇っているときの荒涼とした感じもいいと思うんですよね。

 

f:id:des_esseintes:20170827214518j:image

 

天気がよくなることはなさそうな感じ。

 

f:id:des_esseintes:20170827214544j:image

 

でもいくぜー。ローディ体型のまっと氏は写真映えしますね。

 

f:id:des_esseintes:20170827213328j:image

撮影:まっと

 

筆者はぜい肉がついているので、なんかもっさり。

 

f:id:des_esseintes:20170827214612j:image

 

ラストの直線。山頂は完全に雲の中。

 

f:id:des_esseintes:20170827214646j:image

 

畳平の入り口=長野-岐阜県境。背景だけ真っ白って逆にすごい気が。

 

f:id:des_esseintes:20170827214711j:image

 

 畳平にある鶴ヶ池。風が強く、雲に飲まれて見えなくなったり、姿を現したりを繰り返していました。突然、雲の中から池が姿をあらわす瞬間はなかなか印象的でした。

 

f:id:des_esseintes:20170827214732j:image

 

畳平の看板と、畳平からさらに登れる魔王岳。こちらも雲に覆われたり晴れたりを繰り返していました。天気の移り変わりは本当にすさまじく、山荘のような人造物に逃げ込みたくなってしまいました。

 

あとはダウンヒル…ではなく、今回は畳平に宿泊しました。乗鞍の一夜については次回紹介します。