東京デスライド

自転車で「自分的に限界ギリギリ」のライドをしたら更新します。

飯能:高山不動尊〜天指指峠〜山伏峠【朝8時に家を出ても完走できる週末コース】

f:id:des_esseintes:20170314204358j:image

 

デスライドをしたら更新するというブログだったのですが、冬に極限に挑むと本当に死ぬ可能性があったので自粛していました。ライド自体はしているので、その中から「そこまで早起きせんでも夕方までに(たぶん)完走できる東京近郊のコース」をピックアップして紹介していきます。

 

都内ローディのヒルクラ修行場の1つ、飯能。東部池袋線で1本というアクセスの良さと峠がしこたまあるのが人気の理由でしょう。今回紹介するのは、3つの峠を巡るコースです。

 

コース

 

  • 距離:75km
  • 獲得標高:1200m
  • 難易度: ★★★☆☆
  • グルメスポット:★★★☆☆
  • 景色:★★★☆☆

 

 

1. 高山不動

 f:id:des_esseintes:20170314204542j:image

登り応えは十分。

 

一言で言えば「激坂区間がない子の権現」。中盤以降、斜度10〜12%がコンスタントに続き、終盤は15%ほどになります。ヒルクラの練習的にはこちらのほうが安定してていいかも。

 f:id:des_esseintes:20170314204350j:image

静謐な林道に沢の音が響く。

 

f:id:des_esseintes:20170314204444j:image

序盤は斜度も緩く、フォトジェニックな風景が続く。

 

道はガレ気味ですが、子の権現とちがい、車通りがほとんどありません。雰囲気も沢がある分こちらが上というのが僕個人の感想。

 

 

2. 天目指峠

 f:id:des_esseintes:20170314204647j:image

※写真は別の日に撮影したもの

 

名前が厨二病な峠。斜度は最大10%くらいで、きつい区間は8%くらいじゃないでしょうか。子の権現に近いので、デザート峠としても使えます。

 f:id:des_esseintes:20170314204740j:image

※写真は別の日に撮影したもの

 

景色等はあまり期待できませんが、ヒルクラの練習にはいい感じだと思います。

 

 

3. 山伏峠

 f:id:des_esseintes:20170314204756j:image

 

飯能と秩父をつなぐ有名な峠道。斜度はそこそこで、飯能の中では登りやすい部類だと思います。交通量が多いのがアレですが。

 

f:id:des_esseintes:20170314204817j:image

峠道にある集落が良い味を出している。

 

天目指峠から近く、子の権現〜天目指峠〜山伏峠をハシゴするのもいいでしょう。

 f:id:des_esseintes:20170314204837j:image

CAFE Kikiの「坂登り丼」(950円)

 

f:id:des_esseintes:20170314204848j:image

崩すと中にも豚肉が。

 

f:id:des_esseintes:20170314204905j:image

CAFE Kikiの「フレンチトースト・ア・ラ・モード」(800円)。これにメープルシロップをかける。ヤバイ。

 

このコースのいいところは、ローディが集うカフェとして有名な「CAFE Kiki」と焼きカレーがおいしい「ターニップ」が帰り道に登場すること。登りまくってからランチにできるので「食後にヒルクラしないと帰れない」というめんどくささがありません。子の権現の周囲を一周するようなコースであり、飽きにくいのもいいところ。

 

今回のコース上にはベーカリーや茶屋もあり、開拓しがいがありそうです。